身体のメンテナンスを万全に!人間ドックで綿密な健康チェックを

人間ドックと健康診断との違いを考える

社会人として会社に勤めている経験のある方なら、誰しもが最低年に1回は健康診断を受けた事があるでしょう。健康診断は実は国の法律で定められており、年に1回以上定期的に検査を受ける事が義務付けられています。一方で、人間ドックは必ず受けなければならない義務はないものの、健康診断に比べ検査項目が多く、より総合的に精密な検査を受ける事で、身体の異常がないか詳しく調べる診断となっています。保険がきかないので、別途料金を支払う必要があります。

人間ドックを受ける主な目的

現代で大きな問題となっている3大生活習慣病、がん、心臓病、脳卒中は日本人の死因の半分以上を占めています。これら直接命に係わる疾患に加え、動脈硬化症や高脂血症といった生活習慣病は初期症状が無く、じわじわと身体にダメージを与えていき、気が付いた時には治療の施しようが無いほど手遅れとなっている場合もあります。従ってこうした病は早期発見、早期治療が何よりも大切となり、人間ドックで精密な検査をすることがそれを可能とするのです。

実際にどのような検査が行われるのか

人間ドックはいくつかコースがあり、ピンポイントで身体の異常を調べる「ポイント検診コース」や、半日ぐらいをかけて身体各部を詳細に検査する「1日診断コース」、さらには2日間かけて綿密な検査を行う「1泊診断コース」といったものがあります。検査結果は全ての診断が終了後、担当医により面接という形式で発表がおこなわれ、アフターケアに関しても「再検査」などの診断が下った場合はスムーズに受けることのできるよう各種のフォローが行われるようになっています。

人間ドックの評判を調べて安心出来るところでしてもらうといいです。定期的に行きたいと感じるところを見つけてしっかりと体を診てもらうといいです。