うつ病は誰にもで起きる病気!その主な原因は?

うつ病の始まりは、ストレスにある

うつ病と言う名前はよく聞かれる物であり、誰しもが患わってしまう可能性がある物ですよ。その主な原因はストレスから始まる事が多くあり、人はストレス状態に置かれると、攻撃と逃避の選択の判断を迫られます。攻撃も逃避もできなければ、ストレスを生み出している刺激を避ける生理反応を起こしますよ。これは、刺激を避けるために体を小さくする事もあれば、目の瞳孔を小さくして入ってくる情報を少なくする働きも起きます。毎日読んでいた新聞が読みたくない事も良く起きる物であり、様々な刺激を受ける事に抵抗感を感じ始める事もあります。

長引くストレスは、体を壊す

ストレスは、一時的な物であれば問題はありませんが、これが長引けば体を壊す事になります。例えば刺激を避けるために、食事と言う刺激をも避けたい事も起きれば、常に危険な環境に置かれていると判断をして、睡眠もいつでも起きれる状態になります。つまり、本来、回復させるべき体が睡眠によって回復されなくなり、疲れがさらにうつ状態を強め、悪循環を作り出して行く事もありますよ。自律神経失調症は、食生活の乱れで起きる事もありますが、心身のバランスで体に影響を与え自律神経失調症を患う事もあります。

心療内科に通院をして、健康な心身を取り戻そう

基本的に、体を患えば内科のある病院に行く事が一般的ですよね。心に原因がある場合は、心療内科がお勧めであり、体と心の両方から治療に当ってくれますよ。うつ病を抱えている方の多くは、人には悩みが言えず、心の中に抱え込んでしまう事もありますよね。これは、心身に悪い影響を与える物であり、悩み事を打ち明ける事によってエネルギーが解放され、心身が楽になる事もありますよ。うつ病と言う物は、薬を飲めばすぐに改善される物では無く、まずは体を回復させ、ストレスに対しての改善策を考えて行く必要性がありますので、焦らず、時間をかけてゆっくり治療をする事が大切な事と言えますよ。

無気力、絶望感、不眠、食欲不振、倦怠感などの項目に当てはまるか否かで簡単にセルフチェックができますが、当てはまると必ずしもうつ病とは限りません。最終的なうつの診断は必ず医師に行ってもらいましょう。